忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

謝罪


先日の記事に書いたアップルと中国のゴタゴタ。中国の中央テレビ局が、アップルのアフターサービスについて批判し、中国のネットユーザーがアップルに嫉妬しているなど、国営メディアを非難していました。ですが、2013年4月1日、アメリカアップルのCEO、ティム・クック氏が謝罪したとの報道。アフターサービスの誤解があったことを心よりお詫びするとの声明。今後の対処としては、iPhone4、iPhone4Sに対する補償の説明、ユーザーによるフィードパック提供の方法を簡素化するとのこと。・・・、アップルが謝罪するなんて・・・、なんだか信じられない・・・。けれども事実。アップルのウェブサイトに声明を掲載しているとのことですから。ユーザーのコメントを見てみると、あーあ、謝罪しちゃったか・・・、保証期限切れ直前でわざと壊して新しい商品と交換する人が続出するのでは・・・?と心配する声が多くありました。クック氏の誠意はまっすぐ伝わるのか・・・。

Webサイトのスクラップ・アンド・ビルド、更新優先度低いサイト閉鎖、更新優先度高いサイト新規建造
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
PR