忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅れ


マイクロソフトノタブレット「SurfaceRT」。日本での発売は、他の国に比べてかなり遅かったです。日本での発売が遅れた理由が、マイナビニュースに乗っていました。Suefaceは2012年の10月にすでに発売されていました。なぜ日本での発売は2013年3月15日だったのか。理由は、「戦略的な順序」。Windows8、Windowsアプリの充実を図っていたことと、オフィス2013の発売を待っていたから日本での発売が遅れたというのです。・・・この戦略は成功だったのかな・・・?^^;というのがうちの感想です。ただ、日本で発売されたSurfaceRTには、オフィス2013がプリインストールされているとのこと。海外版にはないそうです。これが吉と出るか凶と出るかといったところでしょうか。商用目的で利用する人にとってはこの価格でオフィスがプリインストールされているのであれば便利かもしれません。実物見て触ってみたいかも?^^。

旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する

退行催眠とは
退行催眠


メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
引越し元の1代目「トンちゃんYahoo SEO対策ブログ」がヤフー検索で「Yahoo SEO」1位を取ってしまった
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
PR

サーフェス


あ!、そういえばマイクロソフトノタブレット、SurfaceRTが、2013年3月15日に発売されていましたね。サーフェスという言葉を耳にしなくなったのでうっかり忘れていました(汗)^^;。発売前の評判では散々なものでしたが、発売後の評判はどのように変わったのでしょうか^^。まず、発売日当日、秋葉原、秋葉では、人だかりはなかったそうです。問い合わせは多かったようですが。価格がネックになっているのでしょうかね・・・。タッチカバーなし32GB49.800円、タッチカバー月32GB,タッチカバーなしの64GBが57,800円、タッチカバー付き64GBが65,800円。ですが、この価格でMicrosoftOfficeが使えるのは魅力的だという人もいるようです。Office高いですもんね^^;。人気が今一つなのは、Windows8よりも、Windows7の方が人気があるということもあるようです。Windows7は人気ですからね♪。

池袋近くのカウンセラーのカウンセリングサービス
池袋カウンセリング

「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
キーワードのSEO難易度は何で決まる?上位表示までに要する期間は?
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配

謝罪


先日の記事に書いたアップルと中国のゴタゴタ。中国の中央テレビ局が、アップルのアフターサービスについて批判し、中国のネットユーザーがアップルに嫉妬しているなど、国営メディアを非難していました。ですが、2013年4月1日、アメリカアップルのCEO、ティム・クック氏が謝罪したとの報道。アフターサービスの誤解があったことを心よりお詫びするとの声明。今後の対処としては、iPhone4、iPhone4Sに対する補償の説明、ユーザーによるフィードパック提供の方法を簡素化するとのこと。・・・、アップルが謝罪するなんて・・・、なんだか信じられない・・・。けれども事実。アップルのウェブサイトに声明を掲載しているとのことですから。ユーザーのコメントを見てみると、あーあ、謝罪しちゃったか・・・、保証期限切れ直前でわざと壊して新しい商品と交換する人が続出するのでは・・・?と心配する声が多くありました。クック氏の誠意はまっすぐ伝わるのか・・・。

Webサイトのスクラップ・アンド・ビルド、更新優先度低いサイト閉鎖、更新優先度高いサイト新規建造
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争